Google Chrome Mac 問題解決

Time Machineを使ってChromeのユーザーデータを復元する

知人がMacbookをリカバリしたそうなのですが、「GoogleアカウントでログインしていないユーザのデータをGoogle Chromeに戻したい」と相談を受けました。

ここでいう「ユーザ」は下記の手順で作成したものを言います。
Chrome を他のユーザーと共有する

Chromeで同期をしていないのでMacintosh HDを消去した時点で失われてしまっていますが、
幸いにもTime Machineでバックアップを取ってあったので、そこから復元することに成功しました。

手順① 新しい環境にGoogle Chromeをインストール

新しくOSをインストールし直した直後だったので、まずはGoogle Chromeを改めてインストールします。

Google Chrome

手順② 該当ユーザのプロファイルを探す

次にTime Machineに入って、復元したいユーザのプロファイルを探します。

現在の環境で"/Users/(ユーザ名)/Library/Application Support/Google/Chrome"を開いた後でTime Machineに入るとスムーズです。

Profile 1、Profile 2…と複数のファイルがありますので、私はプロフィール画像を頼りに見て回りました。

「Google Profile Picture.png」という画像がそれです。

プロフィール画像で判断ができないようであれば、「Bookmarks」というファイルにブックマークの内容が記してあるのでそちらを確認してみましょう。

手順③ 該当ユーザのプロファイルを復元

該当のユーザデータのProfileフォルダがあることを確認したら、[復元]ボタンを押します。

今回はChromeをインストールしたてだったので、"/Users/(ユーザ名)/Library/Application Support/Google"にあるChromeという名前のフォルダごと復元を行いました。

置き換えても良いかを聞かれますので、新しい環境で既に使っているユーザデータがある場合には置き換えてしまわないように注意しましょう。

手順④ きちんとデータが戻っているかを確認

復元が完了したら、Chromeを開いてユーザデータやブックマークの中身を確認して作業完了です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Google Chrome, Mac, 問題解決

Copyright© こげろぐ , 2021 All Rights Reserved.